プラスチック・樹脂部品の試作~量産までの一貫製造工場

樹脂(プラスチック)Q&A

4. 個別の樹脂・プラスチック材料について

PEEKのアウトガスの放出量は多いのですか?

 

PEEKのアウトガスの放出量は、同等の耐熱温度の樹脂に比べて少ないです。

真空装置内でイオンガスを使用して成膜する場合、ガスがでると均一に

膜付けが困難になるので、PEEKを使用することが多いです。

 

 

PEEKの樹脂切削加工ならおまかせ!樹脂切削加工.comでは、PEEKの取扱量関東トップクラス!それにより、仕入れ価格をおさえ、樹脂切削加工のノウハウを活かした加工ノウハウを活かすことで短納期も実現!PEEKが高機能で製品に試しに組み入れたいが、高価すぎて使えない。納期もよく分からない。だから代替材質で我慢している。など、数多くののPEEKを使ってみたい・・・というニーズに、私たちは答え続けて参ります!
PEEK簡易特性表

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の特徴

◎充分おすすめできる ○普通におすすめ △使用できるがおすすめしない ×使用不可

材質名 不定期 水中 蒸気 耐薬品 非磁性 絶縁
水分 /海中 アルカリ 有機溶剤
PTFE
UHMW ×
PP
PVC
PEEK
PEEK-G ×
PPS
PPS-G ×
PCTFE
PVDF
カーボン ×
PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の耐温度性能

☆最もオススメ ◎とてもオススメ ○普通にオススメ △使用できるがオススメしない ×使用不可

材質名 温度
-190℃~ -100℃~ -50℃~ -20℃~ 常温~60℃ ~120℃ ~200℃ ~350℃
UHMW × × × ×
PCTFE × × × ×
PP × × ×
PTFE ×
PVC × × × × × ×
PEEK × ×
PEEK-G × ×
PPS × × × ×
PPS-G × × × ×
カーボン × ×

 

 

 

 

 

 

よくあるご質問を投稿