プラスチック・樹脂部品の試作~量産までの一貫製造工場

樹脂・プラスチック - UP

  • その他の呼び方 ・・・ 不飽和ポリエステル
  • 取り扱いメーカー ・・・ -
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 特性

基本的性質 熱的性質 耐薬品性 機械的性質 電気的性質 光学的性質 物理的性質 寸法安定性 規格への適合 その他性質

 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 基本情報
樹脂の特徴 その分子の主鎖中に -C=C- 不飽和結合と、-COO- エステル結合を持つポリマー「不飽和ポリエステル」という。不飽和ポリエステル自身での重合性が低いため、ビニルモノマー(スチレンなど)を利用し、共重合させて硬化させる。 従って、不飽和ポリエステル樹脂としての製品は、このような共重合製品となる。また、エンプラとしては、ガラス繊維に不飽和ポリエステルを含浸させ、繊維強化プラスチック FRP として出回っている。
長所 熱的性質
一般の不飽和ポリエステル硬化物は、多量にスチレンモノマーを含むため、他の熱硬化性樹脂よりも熱的性質は劣る。(連続耐熱110~140℃) 耐熱性を高めるため、他のモノマーを使用して200℃を超えるものもある。 耐寒性は、-60℃以下でも問題ない。電気的性質 耐アーク性に優れるが、FRP材では絶縁材料には向かない。

化学的性質
酸に強く、アルカリに弱い。(酸化性酸を除く) 高温水中で加水分解を起こし劣化する。アルコール類や炭化水素などの溶剤には強く、チレンモノマーを含むUPは、PS用溶剤には侵される。

難燃性 完全な難燃化は難しいが、水酸化アルミニウムなどの難燃化剤を添加する。

耐候性 他の熱硬化性樹脂と同様に優れるが、屋根用FRPにはUV吸収剤を配合。

短所 昇温管理を厳密に行わなければ樹脂は得られず、状況によっては反応が暴走し、釜中のマレイン酸が熱重合してゲル化する危険性がある。
主な用途 絶縁テープ、自動車車体、録画テープ、タンクライニング、安全帽、強化プラスチック板、テーブル封入注型品、車両、自動車、船舶、建築材、軽金属代用構造材料
外観的特徴外観
色調
変色
その他
規格への適合ROHS指令
UL-94規格
国内食品衛生法
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 熱的性質
耐熱温度(連続) 65(℃)
荷重たわみ温度 193-260(℃)
脆化温度 -(℃)
融点 165(℃)
熱伝導率 16.7(W/m・K)
燃焼性 -(mm/min)
燃焼
炎除去
炎色 黄(黒煙)
ガラス転移点
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 耐薬品性
有機溶剤
塩類
酸類
アルカリ類
酸化
鉱物油
植物油
耐アルコール性
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 機械的性質
引張強さ 4-89(Mpa)
破断ひずみ <2-6(%)
引張弾性率 2100-4400(Mpa)
アイゾッド衝撃強さ 0.15~0.30(kJ/㎡)
シャルピー衝撃強さ -(kJ/㎡)
圧縮強さ(降伏応力) 89-207(Mpa)
曲げ強さ(応力) 59-159(Mpa)
テーバー式耐磨耗 -(mg/1000)
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 電気的性質
体積抵抗率 6~13(Ω ・ ㎥)
表面抵抗率 ー(Ω ・ ㎡)
絶縁破壊強さ 15~20(kV / mm )
耐アーク性 80~100(sec)
誘電率 3.0~3.5
誘電正接
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 光学的性質
屈折率 1.52~1.57
耐候性
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 物理的性質
比重 1.04~1.46
硬度(ロックウェル硬度) 95~110
硬度(ショア硬度) 40~50
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 寸法安定性
線膨張係数 6.5~6.8(10-5/℃)
吸水率 0.15-0.25(%)
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) 規格への適合
 樹脂・プラスチック - UP(不飽和ポリエステル) その他性質
 樹脂切削加工.com UP(不飽和ポリエステル) 事例

 樹脂切削加工.com UP(不飽和ポリエステル) 事例

樹脂切削加工.comでは、1個から試作対応、短納期の樹脂切削・プラスチック切削加工を承ります。PEEK、PPS、テフロン(PTFE)等の樹脂・プラスチック材質に関するご相談もお待ちしております。お気軽にお問合せください。

まずはお気軽にお問い合わせください!電話0467-76-4181 受付時間8:30~17:00(月~金)(祝祭日除く)メールのお問い合わせはこちら