プラスチック・樹脂部品の試作~量産までの一貫製造工場

樹脂・プラスチックはどのように分類できるのですか?

お客様から寄せられる、よくあるご質問を掲載しております。お客様がお知りになりたい事柄がこちらに掲載されていない場合は【お問合せフォーム】にて随時受け付けております。お気軽にご質問ください。お問合せフォームにて受け付けたご質問は今後掲載していく予定です。
 

Q-ご相談内容

樹脂・プラスチックはどのように分類できるのですか?

A-樹脂切削加工.comからのご回答

現在使われている樹脂・プラスチックは、原料に熱を加えて変形させたあとに冷やして固めるタイプの樹脂・プラスチックと、原料に熱を加えて固めるタイプの樹脂・プラスチックに分類することができます。前者の樹脂・プラスチックは可塑性を利用しているので熱可塑性樹脂、後者の樹脂・プラスチックは熱で固まる性質を利用しているので熱硬化性樹脂といいます。なお、熱硬化性樹脂は可塑性で形を作るわけではないため、語源からいえば本来はプラスチックと呼ぶことは適切ではありません。しかし、熱可塑性樹脂が広く使われるようになり、プラスチックという言葉が合成樹脂を示すようになると、熱硬化性樹脂もプラスチックと呼ぶようになってきました。

1.熱可塑性樹脂

①汎用プラスチック

ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、アクリロニトリル-ス チレン樹脂(AS)、アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン樹脂(ABS)、ポリ塩化ビニル(PVC)、メタクリル樹脂(PMMA)、ポリエチレンテレフタレート(PET)

②エンジニアリングプラスチック

ポリアミド(PA)、ポリアセタール(POM)、ポリカルボナート(PC)、変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)、ポリブチレンテレフタラート(PBT)、GF強化ポリエチレンテレフタラート(GF-PET)

③スーパーエンジニアリングプラスチック

ポリフェニレンスルフィド(PPS)、ポリイミド(PI)、ポリエーテルイミド(PEI)、ポリアリラート、ポリスルホン(PSF)、ポリエーテルスルホン(PES)、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、液晶ポリマー(LCP)、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)

④その他

フッ素樹脂、ポリメチルテルペン(PMP)、熱可塑性エストラマー、生分解性プラスチック、ポリアクリロニトリル、繊維素系プラスチック

2.熱硬化性樹脂

フェノール樹脂(PF)、ユリア樹脂(UF)、メラミン樹脂(MF)、不飽和ポリエステル樹脂(UP)、ポリウレタン(PU)、ジアリルフタラート樹脂(PDAP)、シリコーン樹脂(SI)、アルキド樹脂、エポキシ樹脂(EP)

 

※ ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレンのことを四大汎用プラスチックと呼びます。これにABS樹脂あるいはポリエチレンテレフタラートを加えて、五大汎用プラスチックと呼ぶこともあります。

※ ポリアミド、ポリアセタール、ポリカルボナート、ポリブチレンテレフタラート、ポリフェニレンエーテルを五大汎用エンジニアリングプラスチックと呼びます。スーパーエンジニアリングプラスチックで代表的なものはポリフェニレンスルフィド、ポリスルホン、ポリエーテルスルホン、ポリイミド、ポリアリラート、液晶ポリマー、ポリエーテルエーテルケトンです。

樹脂切削加工.comでは、1個から試作対応、短納期の樹脂切削・プラスチック切削加工を承ります。PEEK、PPS、テフロン(PTFE)等の樹脂・プラスチック材質に関するご相談もお待ちしております。お気軽にお問合せください。

まずはお気軽にお問い合わせください!電話0467-76-4181 受付時間8:30~17:00(月~金)(祝祭日除く)メールのお問い合わせはこちら