プラスチック・樹脂部品の試作~量産までの一貫製造工場

樹脂・プラスチックの加工方法にはどのような種類があるのですか?

お客様から寄せられる、よくあるご質問を掲載しております。お客様がお知りになりたい事柄がこちらに掲載されていない場合は【お問合せフォーム】にて随時受け付けております。お気軽にご質問ください。お問合せフォームにて受け付けたご質問は今後掲載していく予定です。
 

Q-ご相談内容

樹脂・プラスチックの加工方法にはどのような種類があるのですか?

A-樹脂切削加工.comからのご回答

樹脂・プラスチックの加工は大きく分けて、樹脂・プラスチックを柔らかくして型にはめる、膨らませるなどして成形する方法(成型加工)と、樹脂・プラスチックの材料を工作機械を利用して削りだす方法(切削加工)に分けられます。

成形加工は柔らかくした樹脂・プラスチックを形にする方法により分類され、切削加工は動作の特性(刃物が回るかワークが回るかによって分類されます。

さらに、成型加工・切削加工の後の加工として、表面処理等の二次加工が施されることもあります。

成型加工(射出成形・押出成型)、切削加工(旋盤加工・フライス加工)

樹脂切削加工.comでは、1個から試作対応、短納期の樹脂切削・プラスチック切削加工を承ります。PEEK、PPS、テフロン(PTFE)等の樹脂・プラスチック材質に関するご相談もお待ちしております。お気軽にお問合せください。

まずはお気軽にお問い合わせください!電話0467-76-4181 受付時間8:30~17:00(月~金)(祝祭日除く)メールのお問い合わせはこちら