プラスチック・樹脂部品の試作~量産までの一貫製造工場

樹脂・プラスチックと樹脂以外の材料で、加工において、どのような違いがあるのですか?

お客様から寄せられる、よくあるご質問を掲載しております。お客様がお知りになりたい事柄がこちらに掲載されていない場合は【お問合せフォーム】にて随時受け付けております。お気軽にご質問ください。お問合せフォームにて受け付けたご質問は今後掲載していく予定です。
 

Q-ご相談内容

樹脂・プラスチックと樹脂以外の材料で、加工において、どのような違いがあるのですか?

A-樹脂切削加工.comからのご回答

樹脂・プラスチックの材料ごとに加工を施す上で注意するべきポイントは変化してきます。ここでは、樹脂・プラスチックとそれ以外の代表的な材料とで異なる、加工上の違い・注意点を簡単にご説明いたします。

①金属

●金属と線膨張係数が異なり熱によるサイズの変化が発生しやすい。そのため、保存時や加工時に温度管理を行う必要がある。
●樹脂は金属に比べて柔らかく、加工の際に保持方法を変える必要がある。
●樹脂と比較して金属は、加工後に面取り、鋭角部分の処理等に注意を払い怪我防止を図る必要がある。
●樹脂は金属に比べて加工の精度だしが難しく、交差は余裕を持ってとる必要がある。
●融点が金属に比べて低いため、加工に時間をかけすぎると加工熱で溶けてしまう。
●樹脂は定尺購入が基本である。そのため、加工業者の取扱量や取引している商社によっては同じ材料であってもコストに大きな差が生まれる。
●金属と異なり、放電カット、ワイヤー加工ができない。

②非金属(石英、セラミック)

●樹脂の方が他の非金属材料に比べ加工までのリードタイムが短い。(材料の調達や加工に要する時間が短いため。)

樹脂切削加工.comでは、1個から試作対応、短納期の樹脂切削・プラスチック切削加工を承ります。PEEK、PPS、テフロン(PTFE)等の樹脂・プラスチック材質に関するご相談もお待ちしております。お気軽にお問合せください。

まずはお気軽にお問い合わせください!電話0467-76-4181 受付時間8:30~17:00(月~金)(祝祭日除く)メールのお問い合わせはこちら