プラスチック・樹脂部品の試作~量産までの一貫製造工場

ポリカーボネート樹脂製波板(PC波板)の耐用年数について知りたい。

お客様から寄せられる、よくあるご質問を掲載しております。お客様がお知りになりたい事柄がこちらに掲載されていない場合は【お問合せフォーム】にて随時受け付けております。お気軽にご質問ください。お問合せフォームにて受け付けたご質問は今後掲載していく予定です。
 

Q-ご相談内容

ポリカーボネート樹脂製波板(PC波板)の耐用年数について知りたい。

A-樹脂切削加工.comからのご回答

(1)プラスチック(含 PC波板)の耐用年数の質問は難しい質問の上位ランクに入ります。
残念ながら明確な回答は出来ません。

(2)先ず、PC波板が、適正な取り付けをされているか否かで異なります。

(3)二つ目は、プラスチック(含 PC波板)は紫外線で暴露されたら劣化します。
  二次的要因として、降雨量も考慮する必要があります。PC波板も同様な考え方が出来ます。

(4)PC波板でもグレードにより、耐候剤の種類・添加量等々によって、耐候性能も異なります。

(5)また、紫外線の量は、日本の地域でも異なります。
  太陽光に含まれる紫外線量の多い地域は、高知県、沖縄県が挙げられます。

(6)三つ目として、耐用年数の定義も難しい問題です。
  ①設置場所が台風銀座か否か(応力の違い)
  ②太陽光が一日中当っている場所、午前中or夕方のみ日差しがある場所、・・・
  ③PC波板に荷重等がかかっているか否か
  ④他
  で判定が異なってきます。

樹脂切削加工.comでは、1個から試作対応、短納期の樹脂切削・プラスチック切削加工を承ります。PEEK、PPS、テフロン(PTFE)等の樹脂・プラスチック材質に関するご相談もお待ちしております。お気軽にお問合せください。

まずはお気軽にお問い合わせください!電話0467-76-4181 受付時間8:30~17:00(月~金)(祝祭日除く)メールのお問い合わせはこちら