プラスチック・樹脂部品の試作~量産までの一貫製造工場

融点と連続使用温度は、どちらが耐熱温度になるんですか?

お客様から寄せられる、よくあるご質問を掲載しております。お客様がお知りになりたい事柄がこちらに掲載されていない場合は【お問合せフォーム】にて随時受け付けております。お気軽にご質問ください。お問合せフォームにて受け付けたご質問は今後掲載していく予定です。
 

Q-ご相談内容

温度の指標に、融点や連続使用温度がありますが、何を耐熱温度として考えればいいのですか?

A-樹脂切削加工.comからのご回答

求める使用環境によってどちらを参考にするかが変わってきます。

①荷重たわみ温度

熱変形温度とも呼ばれ、荷重を与えた状態で耐えられる温度になります。

②連続使用温度

無荷重の環境で、継続的に使用することが可能な温度になります。

③融点

樹脂・プラスチックが変形を始めてしまう温度になります。

樹脂切削加工.comでは、1個から試作対応、短納期の樹脂切削・プラスチック切削加工を承ります。PEEK、PPS、テフロン(PTFE)等の樹脂・プラスチック材質に関するご相談もお待ちしております。お気軽にお問合せください。

まずはお気軽にお問い合わせください!電話0467-76-4181 受付時間8:30~17:00(月~金)(祝祭日除く)メールのお問い合わせはこちら